その最弱冒険者、実は査定不能の規格外~カースト最底辺のG級冒険者ですが、実力を知った周りの人たちが俺を放っておいてくれません~ (外部サイトで読む

堅茹でパスタ

時は魔法適正を査定することによって冒険者ランクが決まっていた時代。

 冒険者である少年ランスはたった一人の魔法適正Gの最弱冒険者としてギルドでは逆の意味で有名人だった。なのでランスはパーティーにも誘われず、常に一人でクエストをこなし、ひっそりと冒険者をやっていた。
 
 実はあまりの魔力数値に測定不可能だったということを知らずに。

 しかしある日のこと。ランスはある少女を偶然助けたことで、魔法を教えてほしいと頼まれる。自分の力に無自覚だったランスは困惑するが、この出来事こそ彼の伝説の始まりだった。

「是非とも我がパーティーに!」
「我が貴族家の護衛魔術師にならぬか!?」

 彼の真の実力を知り、次第にランスの周りには色々な人たちが。

 そしてどんどんと広がっている波紋。
 もちろん、ランスにはそれを止められるわけもなく……。

 彼はG級冒険者でありながらいつしかとんでもない地位になっていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ランス
    最弱冒険者
    G級冒険者
    パーティー
    カースト最底辺
    魔法
    護衛魔術師
    冒険者ランク
    とんでもない地位
    規格外
    実力
    魔力数値
    少年ランス
    ギルド
    クエスト
    有名人
    波紋
    魔法適正G
    周り
    査定

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち