ハズレ職と呼ばれる死霊術師が実は最強の職業だと俺だけが知っている (外部サイトで読む

風波 流人

主人公レンスが生まれ持った職業は『死霊術師』だった。しかしこの世界では死者の霊を呼び出しても、霊体であるが故に魔物に攻撃が通らない上にすぐ消えてしまうので戦闘では全く役に立た無いため、死霊術師はハズレ職だとバカにされ続けていた。

そんな彼はずっと底辺の冒険者として生きてきたのだが、ある日彼は偶然大昔に死んだ女賢者セレスの霊と出会う。そこで死霊と会話ができる彼と孤独に耐えかねていた彼女がお互い久しぶりのまともな会話をしたのだが、そこで彼女から驚くべき言葉を聞く事になる。

「え? 死霊術師がハズレ職? 何言ってるの? 死霊術師は過去の強者の魂を取り込んで無限に強くなれる最強職業だよ? 試しに私を取り込んで見る?」

死霊術師という職業の能力は、霊を呼び出して戦わせるのではなくその霊を取り込んで自分を強化すると言うのが正しい扱い方だったのだ。それを知った彼は、目的のない旅をしながらセレスを筆頭に各地に残ったかつての英雄達の魂を取り込んでいき、やがて最強に成り上がっていく。そんなお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    死霊術師
    ハズレ職
    職業
    はなくそ
    主人公レンス
    最強
    女賢者セレス
    正しい扱い方
    冒険者
    偶然大昔
    会話
    魔物
    強者
    底辺
    最強職業
    彼女
    筆頭
    死者
    英雄達

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち