忘れられた絵本

北きつね

 街の図書館が今日で閉館になってしまう。

 最後の日は、残っている本を好きなだけ持って帰る事ができる。
 私は最後に借りる本を探すために、図書館に向かう。

 私が見つけた一冊の絵本。
 なぜかすごく懐かしい。

 破かれて、汚れている絵本。

 この一冊の本が、私が借りる最後の一冊にした。

 絵本に呼ばれたのか?
 わからない。でも、この絵本は、私に掛け替えのない物を思い出させてくれた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    絵本
    掛け替えのない物
    図書館
    閉館
    最後
    一冊

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

ちょっとだけ切ないショートストーリー

第一話
更新日:2019年02月20日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち