168㎝の日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道 (外部サイトで読む

室士郎

主人公はその短躯・痩躯による脆弱なフィジカルにもかかわらず、両利きの足と卓越したテクニック、そして必殺のフリーキックをもって世界最優秀選手への夢を一歩一歩描いていく。

☆☆☆☆☆

日本代表の父がバロンドール受賞者にズタズタにやられ引退を迫られた際、向島大吾は自らもバロンドールを志すようになる。
しかし大吾は小学生で168cmありながら、高校生になっても168cmだった。
フィジカル頼りだった大吾は絶望するが、気持ちを切り替えてテクニックを磨く道を選び、プロフットボーラーとして契約を結ぶ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    バロンドール
    テクニック
    短躯
    バロンドール受賞者
    向島大吾
    痩躯
    プロフットボーラー
    フィジカル頼り
    フリーキック
    両利き
    日本人サッカー選手
    世界最優秀選手
    必殺
    主人公
    高校生
    小学生
    引退
    契約
    日本代表
    自ら

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち