168㎝の日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道

室士郎

父は自チームの監督、兄は自チームのエースであり日本代表でも若くしてエースを務める。
かつて日本を席巻した小学生FW向島大吾。
彼は小学生にして身長168㎝を誇る大型FWだったが、高校生になっても168㎝のままだった。
『これ以上身長は伸びない』と自覚したときから基礎練習を徹底的に磨き上げ、持ち前のセンスでフィジカルを売りにしたセンターFWからテクニックを武器にしたMF/司令塔として大吾はJ、海外、日本代表、オリンピック、ワールドカップ、そして世界最優秀選手・バロンドール獲得へとひたむきに奔る!

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は多くの読者が評価しています。
評価や感想はこのページで付けることができます。

クルミちゃん

クルミはハート3つです!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち