視線を勘違いする男――お前今、〇〇されたそうな目でこっち見てたろ?―― (外部サイトで読む

SHO

 度重なる世界規模の戦争と資源の枯渇により、中世レベルまで文明が後退した未来の地球。『国』という概念は既になく、集落から村へ、村から街へと発展していく過渡期の時代は人々に貧富の差をもたらした。そして貧富の差は格差をもたらした。
 ここに、裏社会で名を馳せる一人の男がいた。法外な報酬を要求する代わりに、依頼人の邪魔になるヤツは確実に排除する。そこから付いた異名は『掃除屋』――
 今日の掃除屋はどんな報酬を求めるのだろうか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    貧富
    報酬
    依頼人
    過渡期
    掃除屋
    異名
    枯渇
    中世
    集落
    文明
    格差
    資源
    概念
    世界規模
    代わり
    視線
    裏社会
    ヤツ
    戦争

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち