バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第5話 僕は漢の為に頑張るよ! (22)

 でもね、やっぱり、この世界はゲームの中の世界だと思ったよ。実際は先程も述べた通り、劉弁様は即位しても直ぐに、(うち)の閣下が、李儒の策で何后共々消した筈なのに。ちゃんと元気に生きているみたいだし、僕が前から、(うち)閣下(ママ)と、劉弁姫、劉協姫の三人を見る限りでは、仲が悪いようには見えないけれど?

 それにさ、呂布ママも気さくに『姫様ぁ~』と呼んでいるし。如何にもゲーム……と、いうか、この好い加減さは、電子の世界といった感じだよね。

 と、まあ、僕のが見た感じの、姫様の容姿を簡単に説明をしてみたけれど。話しがかなり飛んでしまって、みなさんごめんなさい……。

 取り敢えずは、話しを戻すけれど。僕がこの世界の貂蝉だと思っていたら本人さん現れましたね。

『……ん? どれどれ?』

 う~ん、まあ、確かに良く考えると、戦姫カードではこんな感じの容姿だったと思う気がするね?

 確かに綺麗は綺麗だよ。種族もダークエルフの女性だし、二人の男を股にかけ拐かし、謀反をさせたぐらいだから。妖艶な女性といった感じだしね。でもね、(うち)閣下(ママ)も貂蝉さんぐらいの歳になれば、引けを取らないぐらい美しくなると思うし。僕の横にいる、呂布ママだってエルフで背も高いし、オッパイも超が付くほどのたゆんたゆんだったし、妖艶さも引けを取らないというか。

 僕は最初、呂布ママが貂蝉さんだと思ったぐらい美しい……それに僕の、目の前にいる劉弁姫と劉協姫のお二人も僕が先程述べた通り、エルフの女性で美しいよ……と、いうか、僕は男だし、日本人でオタクだから。どうしてもエルフの女性に分配が上がるから仕方がないんだけれど……。

 でもね、何度も述べるけれど。好みの問題だからけして周りにいる女性達と比べても見劣りはしないぐらい美しい女性だよ。その辺りはみなさん誤解をしないでくださいね。

しおり