バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第2話 僕の全財産が? (2)

「えっ、えぇ、えええええええええええええええ〜!! なっ、何これは──」

 僕思わず大きな声を出してしまったよ。運営会社の回答メールの内容……。僕自身がとてもじゃないが、納得できない記載内容だから。

 そうなるとさ、叫ぶよね──。後は泣いてジタンダを踏んで大騒ぎしながら、更に泣き叫ぶしかない。

 だって回答内容は、こんな感じなんだ。


〈三國オンライン戦記サービス停止のお知らせ〉


 平素より弊社の製品三國オンライン戦記をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 突然ではございますが、この度、三國オンライン戦記は、第三者からのサイバー攻撃を受け、ウイルス駆除の為に。急ではございますが、サービスを終了させて頂く事になりました。


 とにかく目を通すと、こんな内容を文が運営会社から送られてきてた。……でも僕は、全然納得できない。皆さんだってそう思うでしょ?

 僕自身もせめて事前に、制作会社の方から。お知らせ案内がメールで送られてきていれば、心の準備も出来るし。まだ納得も出来ると思う。

 でもね、今回は急にだよ。

 だから僕は、全然納得できないから再度運営会社にメールを送りっけてやった。

 まあ、こんな感じでね。

『今回のサイバー攻撃による大規模メンテナンスの終了予定はいつですか?』

『まだ予定の方は、未定です』

『未定だとこちらの方も困ります。それに急なサービス停止なら、今迄キャラクターカードに使用したガチャンの課金に対しての保証などは、ないのでしょうか?』

『いいえ、こちらも第三者からのサイバー攻撃による被害者なので、保証の方は全くございません』

 えっ? マジで……? と、まあ、こんな内容のメールが、運営会社の方から、返って来たのみなんだよ──こうなるとさ、いくら温和な僕でも思わず、憤怒してしまうよね。

『ふっ、ふざけるなぁ、ああああああああああああああああああ──!! 課金した金額の保証が出来ないならば、早くウイルス駆除のメンテナンスを終わらせて、ゲームをプレイ出来るしようにしろ!!』

 また、激怒しながら運営会社の方にメールを送りっけてやった──。僕自身は相変わらず憤怒したままの状態で、もう火山噴火寸前。かなり頭にも来ているから。

『そんな事を弊社に申し付けられても、我が社自体が被害者になりますから。無理なものは、無理でございます。だから永遠の別れになるかも知れませんが。取り敢えずはウイルス駆除のメンテナンスが終わるのをお待ちください』

 ちょっと大袈裟には、僕も述べてはいるけれど。まあ、大体こんな感じの内容文が何度も何度も送られたきた──もう僕涙が出る程に悔しいし……。只ゲームがプレイしたいだけなのに。

『わりゃ、何が終わるのを待てじゃ──ワシを嘗めとるのか? おんどりゃ、ええ加減にせぇよ〜、直ちにゲームを直せれんのなら、お前らの会社に火いつけちゃるけぇの〜、おおぉ〜わりゃ、分かっとんのかぁ〜』

 まあ、本心ではないけれど、当たる所もないので、又送ったのだよ──今度は少しばかり運営会社に脅迫じみたメール文になってしまったけれど。

しおり