円環の神殺し:邪神の脅威と7人の叛逆者 (外部サイトで読む

池下ジュン

 心に欠陥を抱えた男子高校生の『慎次キセイ』は、平凡な日常の中でとある石を拾う。それは特殊な石で、触れた途端《神の力》を得ることとなる。だがそれは『邪神』という災厄の存在がかつて所持していた力で、手にしたことをキッカケに平凡な日常は崩壊し、神と殺し合いを繰り広げる運命になる。
 孤独、後悔、過去のトラウマ。様々な問題を抱えるキセイは様々な者と手を組み、困難を乗り越え成長する。
 ――これは、彼が同じ力を持つ仲間たちと共に戦い最高の未来を掴みにいく、現代異能力バトルファンタジー。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち