リオ——私はロボットだから心が無いの。あなたが望むなら好きにしていいよ。 (外部サイトで読む

加藤ゆたか

おっぱいの開発費が一番お金かかってるんだから。
自己肯定感障害と診断された賢一の元に、セラピーロボットのリオがやってきます。
リオのおっぱいをチラチラとみてしまう賢一の手を取ったリオは、自分の胸にその手を——。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち