天ぷら (外部サイトで読む

水崎 玲

結婚四十年を迎えた夫婦による、夫である「私」視点で、食卓に向かってご飯食べてこっそり妻のみづきに「美味しかった」というだけのお話。

「私」は、ここ数年でようやく「ちゃんと美味しいご飯を作ってくれる妻のありがたみ」というものを感じるようになり、面と向かってちゃんとお礼を言いたいけれども言えていない、モダモダ系夫。

みづきは、夫の食べる速さや順番で好みを見極め、四十年以上胃袋をきっちり掴んできた、夫の餌付けに成功した系妻。


「小説家になろう」様、「カクヨム」様にも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    モダモダ系夫
    食卓
    お礼
    順番
    視点
    好み
    ご飯
    夫婦
    美味しいご飯
    小説家
    四十年以上胃袋
    天ぷら 結婚四十年
    カクヨム
    餌付け
    みづき
    ありがたみ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち