DEITY ディエティ1古代の動脈 (外部サイトで読む

森本純輝

「かつての世界を、新たな世界の到来として蘇らせるのだ」
そう謳う、太古から地球に存在した種族によって、容赦なく世界の形が変えられる時が、いずれ必ず来る。
その時代が訪れた時、人類の平和を想う真価が試される………!

太平洋に突如出現した謎の大陸が顔を出してから、五年後。
光輝の心の奥底から聞こえる正体不明の声の出所を知るため、深い森で掴んだ手がかりがもたらしたもの、それは異種族との遭遇だった。

「太古の地球に実在した種族、ディエティたちによって世界存亡の危機が訪れることになる」

そう聞かされてきた異種族の導きで未だ謎に包まれる大陸「グェナヴァシア」に到達した彼には、自身が種族の王と行動を共にする宿命が待ち受けていた。
大陸での部族間戦争、そしてその勝敗がひいては世界の命運をも握ることを知り、光輝は決断を下す。

「俺が、戦う」

やがて彼に、受け入れた宿命の果てに待つ、究極の覚悟と変化を目の当たりにする日が来る。
その時が近づく様を目撃することは、今の人類には決してかなわない。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    グェナヴァシア
    DEITY
    光輝
    命運
    奥底
    太古
    勝敗
    ディエティたち
    真価
    手がかり
    種族
    出所
    宿命
    目の当たり
    ディエティ1古代
    動脈
    異種族
    大陸
    太平洋
    到来

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち