吃音のエリート (外部サイトで読む

ハリマオ65

佐光俊充の家は成田市の旧家の百姓。猛勉強の末東京大学経済学部へ。
 大学二年の時、金縛りにあい、見知らぬ所へ変な若者があらわれ、
何だ、その格好はと笑われた。若者は手に長細い縦長奇妙な物を手にし
見ていた。不思議そうすると笑われた。その後、若者にスマホの
原理を聞くと昔は大きなパソコンだったが、今これだけ小さいと
言った。その後、日本橋へ向かうと兜町から来る連中がヤフーが
1億円を超えたと叫んでるのを聞いた。それをメモすると石に
つまづき倒れて意識戻った。やがて東大を卒業し大手銀行に入行。
吃音が原因で退社。後は小説を是非、ご覧下さい。
小説家になろう、アルファポリス重複投稿中

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    佐光俊充
    吃音
    アルファポリス重複投稿中
    若者
    末東京大学経済学部
    入行
    猛勉強
    成田市
    金縛り
    兜町
    エリート
    旧家
    小説家
    百姓
    日本橋
    大手銀行
    退社
    ヤフー
    原理
    東大

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち