大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ (外部サイトで読む

さとう

将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。
兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。
疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。
父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。
そこは、領地とは名ばかりの森。
アシュトは疲れたように笑って言った。

「はは······まぁ、のんびり過ごそう」
 
これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。
植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アシュト
    リュドガ
    領地
    オーベルシュタイン
    次男アシュト
    スローライフ
    魔法師アシュト
    フラレ
    腫れ物扱い
    大貴族エストレヤ家
    餞別代わり
    シェリー
    婚約者
    ミュディ
    ハズレ魔法師
    将来
    ドワーフたち
    将軍一家
    幼馴染
    ワケありエルフ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち