ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ (外部サイトで読む

暘 弥涼

※個人サイト掲載作品&縦書きです。

脳神経内科医を父に持つブリジット・エローラは、精神科医を目指す至極普通の医学生。
そんな彼女の胸を焦がさせていたのは、「世紀の大天才」と世間に仇名される気難しい男だった。

気難しいうえに幾つかの精神障害を抱え、過去の記憶もあやふやであれば、多重人格で性格もコロコロと変化する。
彼は誰もが思い浮かべるような"偏屈な天才"であり、そうである自分に常に生き辛さを抱えていた。

私があなたを助けてあげる。そう彼に誓ったのも束の間のこと。
その恋は、道ならぬものだった……――?

これは何もかもが偽りの彼を愛したブリジットが巻き起こす、混乱の群像劇である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ブリジット
    ブリジット・エローラ
    脳神経内科医
    仇名
    医学生
    気難しいうえ
    精神科医
    多重人格
    気難しい男
    群像劇
    束の間
    何もかも
    ウォーター・アンダー・ザ
    幾つか
    偽り
    個人サイト掲載作品
    世紀
    精神障害
    混乱

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

Kindle版が配信開始されました!
上巻 http://amzn.asia/d/9k8LYwe
下巻 http://amzn.asia/d/9zOyQti

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

アルバトロスと黄金の泉: http://www.albatrossandgoldenfountain.xyz/