Clover on the Battlefield~クローバー・オン・ザ・バトルフィールド~後編

鮎川 拓馬

これは、『異世界転生』という名の、化けの皮を被った、SF――

―12月24日11時2分、ホリアンサに投下。高度600m付近で炸裂。

****************************
ついに明かされる『神の涙』の真の正体。
魔法VS異世界の科学の力、開幕!?
****************************

前編で主人公が消されてしまったので、代わりに俺があらすじを語ることにする。多少へたでも許してほしい。

俺の来世で主人公、セシル・フィランツィル=リートンは、度々化け物が産まれる縁起でもない血筋の王家の、端くれとして産まれた。

一方、自分の来世が存在していることに気づいた俺(怨霊)は、このロクでもない世界を滅ぼすために、彼女の肉体を狙っていた。

そしてある日、相次ぐ不幸不幸に絶望した彼女に念願かなって俺は憑りつき、巨大な化け物と化した。
だが、早速世界を滅ぼしにかかったところで、女神の邪魔が入り、俺はセシルごと女神に魂を消されてしまった。

…が、

なぜか、俺はセシルの肉体で、人間として甦ってしまった。


まあ、それは今更どうでもいいとして、今度こそのんびり平和なライフを享受できるはずだったのに…


住んでいた街が謎の爆発によって壊滅。


は?

あの女、まさか俺が元居た世界から、アレを持ってきたのか?!


そして、被爆地域で、なぜか人を喰らう化け物と化した人間達の、パンデミックが始まる。

果たして、魔法の力で、科学らしき物の力を止められるのか。
そして、物語の舞台は、そもそもの元凶―北の地へ。


俺《テス》とオレ《セシル》の未来に、果たして希望はあるのか――?



Copyright © 2018 鮎川拓馬 All Rights Reserved.

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

このページは、小説について紹介しています。
小説に関するいろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

もう読んでみた?感想をおしえて!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

公開中のAI作品分析レポート
※公開されている内容は要約版です。詳細な内容のレポートは作者のマイページに届きます。

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/06/20 00:10:03

ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は575aiと判定されました。

(※総評の一部を抜粋しています。この総評の続きは作者がマイページで閲覧可能です。)

基本情報