異世界転移!?~俺だけかと思ったら廃村寸前の俺の田舎の村ごとだったやつ (外部サイトで読む

真義あさひ

俺、会社員の御米田ユウキは、ライバルに社内コンペの優勝も結婚予定の彼女も奪われ人生に絶望した。
夕焼けの歩道橋の上から道路に飛び降りかけたとき、田舎のばあちゃんからスマホに電話が入る。

「ユキちゃん? たまには帰(けぇ)ってこい?」

久しぶりに聞いたばあちゃんの優しい声に泣きそうになった。思えばもう何年田舎に帰ってなかったか……
それから数ヶ月後には田舎の村役場にいた。給料は安いが空気は良いし野菜も米も美味いし温泉もある。そもそも限界集落で無駄使いできる場所も遊ぶ場所もなく住人はご老人ばかり。

「あとは嫁さんさえ見つかればなあ~ここじゃ無理かなあ~」

村営温泉に入って退勤しようとしたとき、ひなびた村を光の魔法陣が包み込み、村はまるごと異世界へと転移した――

小説を読む(外部サイトで読む)
★と感想

★を贈る

星を選択して「いいね!」ボタンを押してください。投票後、「いいね!を取り消す」ボタンを押せばいいね!を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち