バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

 二〇xx年十月十日月曜日 午後十時十分
 P県P市新関地区 

 P市を襲った土曜日未明から降り続く凄まじい豪雨は最後の仕上げかのようにさらに吹き荒れていた。
 標高約三百メートルの猪狩山にも豪雨が吹き付け、山頂からの濁流が蔦の絡まる竹林を押し倒し、山崩れを引き起こした。
 それは大した規模ではなく、竹林から引き剥がされたおよそ五、六十本の竹と泥土の流れは山の中腹ですぐに止まった。それでも崩落する際の音は自然の驚異を伝えるには十分なものだった。
 だが麓に点在する民家にまでその響きは届かず、誰も山崩れに気付かなかった。
 そのため、地の底から獣の咆哮がともに響いていたことも誰も気付かなかった。

しおり