バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

           

 校門の外でクラスメートに合流した三上たちだったが、邪櫃神社に向かおうにも濃い霧がその先を阻んでいた。反対側のまだうっすらと見える道は小木原の一海寺に続いている。
 この際、一海寺に避難しようか。そう考えて、小木原の姿を探したが、集まった生徒たちの中に小木原はいなかった。
「あいつどこへ行ったんだ?」
 三上は独り言ちた。
「おい、これからどうするんや」
 グラウンドのほうを気にかけながら聖徳が問いかけてくる。三上もぐるりを見廻したが、あの化けもんの姿は見えない。まだ学校内で逃げそびれた生徒か教師を襲っているのだろう。ふと小木原の行方が気になった。
 獲物を霧に閉じ込めている限り、『あれ』は急がなくていいのだ。目の前にいる人間をじっくり味わっているに違いない。次に現れた時、小木原の身をまとっていたらと考え、少し寂しさを感じる自分に三上は気付いて首を振る。
「おいっ、三上っ」
 聖徳が邪櫃神社の方角を指さしている。
 霧の中、黒い人影が見え、女子たちが小さな悲鳴を上げて男子の後ろに隠れた。
「新関の生徒か?」と影が声を放つ。
 父の光悦の声だ。三上はほっとした。
 文様入りの紫袴を履いた光悦が霧の中からぬっと現れた。
「おうっ、優光か。いったい何がどうなってるんや」
 蜘蛛の巣をかき分けるように両手を振りながら近づいて来る。
異形者(いぎょうもの)に学校が襲われました。神社に避難しようと思ったんですが、そちらへはもう行けないのですか?」
「異形者? そうか――これはそういうことか――
 神社はもう無理や。息ができんような濃い霧で全く何も見えん。
 最初に羽中さんが神社から出ようとしたんやが無理や言うんで、次にわしがやってみたいうわけや」
「羽中さんは?」
 三上は光悦の後ろを覗き込んで事務全般を受け持ってくれている男性の姿を探した。
「まあほんまに息ができんわけやないで社務所で待機してもうとる。そやけど、こう濃くてはもう戻ることはできん。
 異形者か――神社には入れん思うけど、羽中さん、上手いこと隠れとってくれたらええんやがなぁ」
 父の心配ににこにこと人のいい羽中の顔が思い浮かぶ。
「そうですね。
 お父さん、これからどうしますか」
 三上の問いに、聖徳や生徒たちの視線が光悦に集中する。
「うむ」光悦は目をつむって考えてから「とりあえず一海寺に行こう。あっちはまだ霧が薄い」と指を差した。
 それでも刻一刻と視界が閉ざされ始めている。
「先生、急ぎましょう」
 三上に促され聖徳を先頭にみな続いた。三上と光悦がしんがりを務める。
「そやからわしはあん時言うたんじゃ。こないなことになったんは絶対あいつのせいや。この責任は取ってもらうで」
「どういうことですか?」
「寺に着いたら話す」
 そう短く言うと光悦は眉をしかめて黙り込んだ。

しおり