田中エル

(たなかえる)

本が好き。

  • 拡張現実が現実化! おまけに異世界から侵略されたけど、なんとか生き延びてます!

    田中エル

    視界に拡張現実を表示する、コンタクトレンズ型デバイス――通称ARC。

    このコンタクトレンズは、視界を邪魔しないナビ機能に加え、様々な情報がリアルタイムで表示され、発売と同時にまたたく間に世界市場を席巻した。

    それから十年後のある日、突如世界中の軍事施設と発電設備が、巨大なクレータを残し次々に消えていった。

    通信が途絶する中、それに呼応するかのように、人を捕食する大型のアリが出現し、通勤ラッシュ時の駅では、死傷者が続出していた。

    そんな中、高校三年生の鈴木夏哉は、拡張現実が武器として現実化する事を知る。

    それに加え、新型ARCは、魔法の使用を可能とし、ゲームアプリを立ち上げると現実世界でのレベルアップが出来るようになっていた。

    「ARCのメーカー、ビッグフットの汎用人工知能は、これでモンスターに対抗しろとでも言いたいのか?」

    そう感じざるを得なかった。

    そして、家族で生き残るため、ARCの情報を元に、夏哉はモンスターとの戦いへ身を投じていく。

    (完結まで書ききってますので、よろしくお願いします)

    0クル

    カテゴリー内順位1538位 / 7,133件

    ジャンル内順位70位 / 460件

    (0)

    時代
    未来・近未来
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    高校生
    女神/聖人
    その他の要素
    剣・魔法
    転移・トリップ・召喚
    異能力バトル
    チート
    主人公最強
    非ハーレム
    レイティング
    R15
  • 拡張現実が現実化! おまけに異世界から侵略されたけど、なんとか生き延びてます!  外部URLを開く

    田中エル

    視界に拡張現実を表示する、コンタクトレンズ型デバイス――通称ARC。

    このコンタクトレンズは、視界を邪魔しないナビ機能に加え、様々な情報がリアルタイムで表示され、発売と同時にまたたく間に世界市場を席巻した。

    それから十年後のある日、突如世界中の軍事施設と発電設備が、巨大なクレータを残し次々に消えていった。

    通信が途絶する中、それに呼応するかのように、人を捕食する大型のアリが出現し、通勤ラッシュ時の駅では、死傷者が続出していた。

    そんな中、高校三年生の鈴木夏哉は、拡張現実が武器として現実化する事を知る。

    それに加え、新型ARCは、魔法の使用を可能とし、ゲームアプリを立ち上げると現実世界でのレベルアップが出来るようになっていた。

    「ARCのメーカー、ビッグフットの汎用人工知能は、これでモンスターに対抗しろとでも言いたいのか?」

    そう感じざるを得なかった。

    そして、家族で生き残るため、ARCの情報を元に、夏哉はモンスターとの戦いへ身を投じていく。

    4クル

    カテゴリー内順位831位 / 7,133件

    ジャンル内順位501位 / 3,588件

    (0)

    時代
    未来・近未来
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生
    美形
    魔法使い/魔女
    その他の要素
    剣・魔法
    転移・トリップ・召喚
    異能力バトル
    チート
    主人公最強
    レイティング
    R15
  • 異世界転移と、何故か攻撃できる転移スキル ~多分これは転移スキルでは無い~  外部URLを開く

    田中エル

    「ここは?」
    目を覚ますと、乗っていたバスが、森の中で止まっていた。
    そして外を見ると、緑色でブタ鼻の生物が、人間を喰っていたのだ。

    逃げなければ。
    そう思い、バスから逃げようとすると、俺は別のブタ鼻に見つかってしまった。
    俺はそこで死を覚悟したのだが、次の瞬間、空中にいる事に気付く。
    「これ転移したんじゃね?」
    何故か転移スキルを得てしまい、俺はそこから逃走することに成功した。

    そして俺は、ここが異世界だと確信する。
    「……もしかすると、転移スキルで日本へ帰れるかもしれない!」
    俺はすぐさまそれを試してみたが、日本へ帰ることは叶わなかった。

    その後、ゴーレムと戦っていると、転移スキルの妙な使い方に気付く。
    それは、離れた場所から、物体を引寄せる転移、逆に引き離す転移、という転移スキルの派生といえるような使い方だったのだ。

    そして、無機物である小石を引き離すと、転移先にそれが現れた瞬間、爆散して範囲内の物をすべて破壊してしまったのである。

    その妙な転移スキルを使い、なんとかゴーレムを撃退した俺は、ダンジョンコアの分身を名乗るフィギュアと出会い、人が住む城郭都市マイヤーへ案内してもらうことができた。
    俺はそのフィギュアに、ナナイロと名付け、また会おうと約束をし、そこで別れた。

    城郭都市マイヤーでは、とてつもない美人のハーフエルフ、猫の獣人の女の子、犬の獣人のおっさん達と出会い、俺は何故か冒険者になってしまった。
    その後、彼らとの交流を深めていると、その街が何者かによって攻撃をされ、俺はその渦中に巻き込まれていくのであった。

    現在朝の7時に毎日更新中です。

    4クル

    カテゴリー内順位831位 / 7,133件

    ジャンル内順位501位 / 3,588件

    (1)