異世界転移と、何故か攻撃できる転移スキル ~多分これは転移スキルでは無い~ (外部サイトで読む

田中エル

「ここは?」
目を覚ますと、乗っていたバスが、森の中で止まっていた。
そして外を見ると、緑色でブタ鼻の生物が、人間を喰っていたのだ。

逃げなければ。
そう思い、バスから逃げようとすると、俺は別のブタ鼻に見つかってしまった。
俺はそこで死を覚悟したのだが、次の瞬間、空中にいる事に気付く。
「これ転移したんじゃね?」
何故か転移スキルを得てしまい、俺はそこから逃走することに成功した。

そして俺は、ここが異世界だと確信する。
「……もしかすると、転移スキルで日本へ帰れるかもしれない!」
俺はすぐさまそれを試してみたが、日本へ帰ることは叶わなかった。

その後、ゴーレムと戦っていると、転移スキルの妙な使い方に気付く。
それは、離れた場所から、物体を引寄せる転移、逆に引き離す転移、という転移スキルの派生といえるような使い方だったのだ。

そして、無機物である小石を引き離すと、転移先にそれが現れた瞬間、爆散して範囲内の物をすべて破壊してしまったのである。

その妙な転移スキルを使い、なんとかゴーレムを撃退した俺は、ダンジョンコアの分身を名乗るフィギュアと出会い、人が住む城郭都市マイヤーへ案内してもらうことができた。
俺はそのフィギュアに、ナナイロと名付け、また会おうと約束をし、そこで別れた。

城郭都市マイヤーでは、とてつもない美人のハーフエルフ、猫の獣人の女の子、犬の獣人のおっさん達と出会い、俺は何故か冒険者になってしまった。
その後、彼らとの交流を深めていると、その街が何者かによって攻撃をされ、俺はその渦中に巻き込まれていくのであった。

現在朝の7時に毎日更新中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハーフエルフ
    ナナイロ
    ゴーレム
    渦中
    小石
    分身
    転移
    城郭都市マイヤー
    派生
    物体
    何者
    空中
    緑色
    とてつもない美人
    転移スキル
    ダンジョンコア
    ブタ鼻
    無機物
    フィギュア

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち