あなたへのおすすめ

  • JUN

    大名家の姫との縁組が決まった国家老の嫡男。見聞を広めよとの命で剣の修行をしに江戸へ出るが、剣友共々、藩の問題に巻き込まれる。吉原に売られていた幼馴染とも再会し、問題も新たに噴出するが、この祝言、無事に行われるのか。

    0クル

    カテゴリー内順位1738位 / 7,754件

    ジャンル内順位35位 / 145件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
  • 夢の終わり ~蜀漢の滅亡~

    久保カズヤ


    「─────あの空の極みは、何処であろうや」

    三国志と呼ばれる、戦国時代を彩った最後の英雄、諸葛亮は五丈原に沈んだ。

    蜀漢の皇帝にして、英雄「劉備」の血を継ぐ「劉禅」
    最後の英雄「諸葛亮」の志を継いだ「姜維」

    天下統一

    それを志すには、蜀漢はあまりに小さく、弱き国である。

    国を、民を背負い、後の世で暗君と呼ばれることになる劉禅。
    そして、若き天才として国の期待を一身に受ける事になった姜維。

    二人は、沈みゆく祖国の中で、何を思い、何を目指したのか。
    志は同じであっても、やがてすれ違い、二人は、離れていく。
    これは、そんな、覚めゆく夢を描いた、寂しい、物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1738位 / 7,754件

    ジャンル内順位35位 / 145件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    海外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    30代
    40代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    貴族
    軍隊
    その他の要素
    戦争・戦記
    チートなし
    中華後宮
    内政
    策略・陰謀
  • mirica

     江戸末期。長崎にて写真技術を研究した津国の堀江鍬次郎と、上野彦馬を、堀江鍬次郎視点で綴った歴史エンタメ小説。

     

    0クル

    カテゴリー内順位1738位 / 7,754件

    ジャンル内順位35位 / 145件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    高校生
    その他の要素
    ヒストリカル
    純文学
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    源頼光の家来の四天王たちの物語である。頼光には美しい姫がいた。その姫を四天王たちは恋していた。中でも金時は純な恋心を持っていた。彼はある日、姫が賀茂の祭りの行列を見に行くことを聞いた。そこで貞光、季武と語らって牛車を女車に仕立てて乗り込み、祭り見物に出かけて行く……。

    0クル

    カテゴリー内順位1738位 / 7,754件

    ジャンル内順位35位 / 145件

    (0)

  • こまめ

    甲斐の虎という異名を持ち、諸国より恐れられた名将、武田信玄。
    その影には、数多の策で敵を打ち倒し、かつて信玄と共に天下を夢見た一人の男がいた。

    彼の名は山本勘助。
    その武功から『武田の鬼』と呼ばれた彼の正体は、
    なんと現代から転生を果たした《ごく普通の一般人》だった。

    社会人として何気ない一日を終えた彼は、突如武人として乱世に目覚める。
    そんな彼は如何に生き、何に希望を見出したのか。

    これは、転生の見返りに与えられた三つの術(スキル)を使い、かつて生きた太平の世を夢見ながらも、《歴史》という大きな運命に抗おうと奮起する、そんな男達の物語。

    6クル

    カテゴリー内順位743位 / 7,754件

    ジャンル内順位19位 / 145件

    (0)

  • 匿名

    私が、ネタニヤフに関し思うのは、彼は、まあ、大統領である。自分が、殺したいから、ガザ地区の人を殺しているのか、それとも、イスラエル人とか、他のユダヤ教徒の、代表として、彼らを殺す様に決定しているのか、どちらなんだろう という事である。預言者は、他人の話を聞くものである。ので、預言者は、他人の意思を実行するものであろう。もし、ネタニヤフが、預言者風のキャラクターであるなら、彼の意思に反し、ユダヤ教徒の意思を持って、ガザ地区の人々を殺しているのであろう。もしそうなら、ネタニヤフを、暗殺しようと、解雇しようと、ガザ地区への虐殺は、止まる事はない。新たな預言者が、ユダヤ教徒の意思を、実行するだけである。一方、もし、ネタニヤフの意思で、殺しているのなら、彼を殺せば、止まるかも知れない。さあ どちらだろう。もし、ネタニヤフが、自分の意思で、行動しているなら、彼は 預言者 というよりは、王なんだろう と 思う。おそらく前者であろうと思う。ガザ地区の人々が、救われる手段は、全面降伏しかないのかも知れない。しかし、全面降伏したものに対し、ユダヤ教徒が、投降させるシステムを持っていると思えない。じゃあ、彼らは、外国に逃げるしかないと思う。彼らの逃げ道を作らないといけない。あそこに、イスラエルの植民地を作らせたのは、イギリス人である。イギリス人には、ガザ地区の連中を、避難させる義務があるし、もし、ガザ地区から、イスラム教徒や、アラビア人や、異邦人・・・非ユダヤ教徒 が 全員いなくなれば、イスラエル人や、ユダヤ教徒の、悲願も成就するのである。イギリスは、当初の計画を、完結させるべきだ。と 同時に、ガザ地区にいる異邦人を、逃れさせないといけない。まあ、もし、ガザ地区の異邦人が、全員いなくなったら、他に彼らは、手を出すかも知れないが。どこまで増長する、ユダヤ教徒。ただ、さしあたっては、ガザ地区である。その次の問題が起こったら、その時に考えればいい。

    0クル

    カテゴリー内順位1738位 / 7,754件

    ジャンル内順位35位 / 145件

    (0)

    時代
    現代