夢の終わり ~蜀漢の滅亡~ (外部サイトで読む

久保カズヤ


「─────あの空の極みは、何処であろうや」

三国志と呼ばれる、戦国時代を彩った最後の英雄、諸葛亮は五丈原に沈んだ。

蜀漢の皇帝にして、英雄「劉備」の血を継ぐ「劉禅」
最後の英雄「諸葛亮」の志を継いだ「姜維」

天下統一

それを志すには、蜀漢はあまりに小さく、弱き国である。

国を、民を背負い、後の世で暗君と呼ばれることになる劉禅。
そして、若き天才として国の期待を一身に受ける事になった姜維。

二人は、沈みゆく祖国の中で、何を思い、何を目指したのか。
志は同じであっても、やがてすれ違い、二人は、離れていく。
これは、そんな、覚めゆく夢を描いた、寂しい、物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    蜀漢
    諸葛亮
    劉禅
    姜維
    英雄
    五丈原
    暗君
    天下統一
    後の世
    戦国時代
    三国志
    劉備
    一身
    祖国
    覚めゆく夢
    極み
    皇帝
    滅亡
    二人
    天才

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

表紙イラストは hidepp(@JohnnyHidepp) 様に描いていただきました。ありがとう御座います!

【Twitter】 https://twitter.com/bokukubo_0123