タンドレッス~やさしいものがたり~ (外部サイトで読む

おねこ。

 むかし、あるところに王子様とお姫様がいました。
 王子さまは、強い子どもを……
 お姫さまは、誇り高い子どもをのぞみました。
 でも、お姫さまはお腹を痛めて子どもを産むのが怖かったのです。
 だから、王子さまとお姫さまは考えました。
 優秀な遺伝子を組み合わせて子どもを作ればいいのだと……
 禁忌と言われるその科学。
 しかし、誰も裁けませんでした。
 なので、王子さまとお姫さまはまるで買い物をするように子どもたちを作りました。
 そして、生まれた兄弟たちは優秀な能力を持った子どもたちは、王子さまとお姫さまに忠誠を誓いまるで手足のように働きました。
 なかには、逆らい王子さまやお姫さまから離れていく子どもたちもいました。
 王子さまとお姫さまは、モンスターと人間の遺伝子を組み合わせればどうなるのか気になりました。
 そして、ひとりの子どもを作りました。
 優秀な力を秘めたその子どもを金の卵として迎え入れようとしました。
 でも、その願いは叶いませんでした。
 その子どもは、大した魔力も持たず力も弱く。
 頭も悪かったのです。
 そして何より劣っていたのはその容姿です。
 金色の眼を持ち肌には無数の痣。
 そして、決して心を開かないその子どもを気味悪がりあろうことか王子さまとお姫さまは、その子どもを捨てたのです。
 決して自分たちの目に届かない遠い場所。
 魔法を使って、飛ばしました。
 遠い遠い世界へ……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    王子さま
    タンドレッス
    お姫さま
    子ども
    逆らい王子さま
    遺伝子
    やさしいものがたり
    子どもたち
    誇り高い子ども
    モンスター
    禁忌
    忠誠
    むかし
    お姫様
    王子様
    魔力
    遠い遠い世界
    容姿
    金色
    手足

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち