白のネクロマンサー ~死霊王への道~

秀文

黒峰徹(くろみねとおる)は、病により若くして息を引き取った。そして、気が付くとハマっていたMMORPG『ディスガルド戦記』の世界に生まれ変わっていた。

転生した徹は、死霊使いの素質を持っていた。その素質とは、死者の魂と交流し仲良くなるという物である。徹は迷わずネクロマンサーへのクラスチェンジを目指す。

また、持っていたゲーム知識も役立つ。生産系の知識を使い、高レベルの装備をいくつも作り上げて行った。必要となる素材の場所も、全て徹の頭の中にあった。

しかし、その結果として、徹は権力者に目を付けられる。そして、徹の意思に関わらず、戦争へと巻き込まれて行く事になる。

この物語は、数多の試練を乗り越え、死霊の軍勢を作り上げ、徹が死霊王へと至る内容となっている。

【章構成】
<第一章 ケトル村の日々>
アレク五~十四歳。アレクの成長物語。

<第二章 商業都市ヴォルクス(クラン結成編)>
アレク十四~十五歳。クラン結成とメンバー育成。

<第三章 商業都市ヴォルクス(クラン飛躍編)>
予定

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/11/19 05:10:10

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は701aiと判定されました。
ファンタジー作品で特徴的な表現がなされていますね。
読みやすい作品だと思います。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

まるで異世界に旅立ったような気分で楽しませていただきました!
ファンタジーならではの各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
壮大なストーリーで読み応えたっぷりでした。

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      13文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      12文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      16文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      20.92

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      11.03

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.7170

      接続詞がちょっと多いかな

    • 受動態の出現率

      0.5173

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      42.87

      ひらがながちょっと少ないかな

    • 特殊語の出現率

      18.35

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフが多いかな

    • 空行率

      49.25

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      67

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      26.85

      標準的だね