施設化機械化された実力都市東京で優等生になる (外部サイトで読む

鵜宮アルト

東京は試験的に、屋内化機械化された。その東京の高校は、学校同士がライバルだった。劣等生の学校は就職先進学先は0。逆に優等生の学校は就職先進学先は100パーセントある。それを知ったのは、高校入学してすぐだった。
主人公である、紫音はめんどくさいこと、やりたくないことを絶対しないため、劣等生になろうが関係ない。ただあることをきっかけに紫音が非常に優秀な人物ということがある人物にばれる。誰にも知られたくない紫音は、その人物と優等生になることを目指すことを条件に黙っておくことを約束した。果たして紫音たちは優等生になれるのか。これは紫音たちが優等生になろうと努力する物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    優等生
    紫音
    劣等生
    紫音たち
    就職先進学先
    人物
    ライバル
    屋内化機械化
    実力都市東京
    高校
    施設化機械化
    きっかけ
    めんどくさいこと
    主人公
    学校同士
    物語
    条件
    100パーセント

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち