最強パーティーから追放された落ちこぼれ精霊術師、チートスキル≪多重契約≫で世界最強に (外部サイトで読む

風鈴弘太

 主人公ロイは、五人パーティー『白銀の餓狼』に所属する精霊術師だった。『白銀の餓狼』がSランクパーティーになったことをきっかけに、彼はパーティーを追放されてしまう。

 精霊と契約できない『無能の精霊術師』の烙印を押され、今までの努力を全て否定されたロイ。
 失意に暮れ、打ちひしがれた青年は、迷い混んだ森の中で運命的な出会いをした。今にも殺されそうだった二人の精霊の少女を助けたことで、ロイは《多重契約》という隠されたスキルを発現させる。
 それは、本来精霊一人としか契約できない精霊術師が無制限に精霊と契約できるという最強スキルだった。
――今度は『本当の仲間』を見つけよう――
 そう胸に秘めて、ロイは個人冒険者として、もう一度冒険を始める。

 一方で白銀の餓狼のメンバーは知らなかった。彼らが『無駄だ』と切り捨てたロイの存在が、どれだけ大きな恩恵をもたらすしていたかということに。縁の下の力持ちであったロイの存在を失ったことで、パーティーは徐々に、内側から崩れていく。
 
 これは、最強のパーティーに追放された青年が、本当の仲間を見つける物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    餓狼
    ロイ
    精霊術師
    白銀
    パーティー
    多重契約
    落ちこぼれ精霊術師
    青年
    チートスキル
    縁の下
    力持ち
    個人冒険者
    主人公ロイ
    烙印
    失意
    本来精霊一人
    最強パーティー
    Sランクパーティー
    最強スキル
    仲間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち