どれだけ嫌われようとも、俺は胸を張って生きていく

千葉 マックス

つい本音が口から出てしまうある種の病気を持つ主人公……柏木千鶴はある出来事から校内一の嫌われ者として名を馳せる。
高校2年の春、一人最高と万歳していた柏木のクラスに校内一有名な美少女……鷲水響華がいた。実は彼女は漱石の「こころ」を表紙に中身を官能小説にすり替えて、学校で読んでいるという秘密があり……それを柏木に知られた鷲水は放課後に柏木と一緒に帰ることにする。

そんな妙な関係から始まる空気が読めない主人公と、ちょっと変態趣味のあるヒロインとの青春。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    柏木
    嫌われ者
    主人公
    柏木千鶴
    鷲水響華
    校内一
    官能小説
    漱石
    ヒロイン
    美少女
    放課後
    こころ
    青春
    表紙
    つい本音
    出来事
    クラス
    中身
    病気
    空気

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち