バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ



そして― 歯車は最悪の方向に向かいました」



「最初の……私がいた時代?『終わり無き生』が開発されたのって?
そんな科学力あったの?」
「ありましたよ。あなた、あの時のどれだけ生きたか覚えてますか?」
「……百年ぐらいって普通じゃないの?」
記憶を辿り思い返す。

「それからの時代にそれだけ生きた人がいますか?貴女の若さで」
「それは―。自然環境が悪かったりした所為じゃないの?」
当たり前だと思ってた時代。
それは間違っていたの?

「違いますよ。あの時代。死は遠くにあったのです。
かろうじて不老不死ではなく長寿でしたが……」

「星一つの命を奪う必要があったの?」
思い返すあの時代。あの時間。
遥か悠久の彼方にある時はもう霞みの向こう。

「あの時開発されたのはウィルスでした。研究所はそれを星全体にばら撒いた。
仕方なかったのです。ああするしか―」


ふっと、足元に地面の感覚。


「それで?なぜ、自分達で狩らなかったの?」
「私達は異世界の者です。この世界に干渉する事はできないんですよ」
悲しげに彼は微笑む。

「じゃあ、私たちが殺し会わなければならなかったのはなぜ?」
「7つの力は惹かれあう性質を持っています。
それは協力し合う事も出来たはずなのですけどね」
苦笑いを浮かべ彼は言う。

「殺しあう事もあったってこと?」
私の問いに彼は静かにうなずいた。
「お互いの力に怯えたのです。特にあなたの力に」

「私?」
「ええ、あなたの『星』の力に。
彼らを殺す事が出来る事が出来る、貴女だけの力に」
優しい瞳で私を見つめる。

「そう」

私は視線を空に向け星を眺める。


「だったら、私を殺せるのは貴方?」


私の問いを予想していたのか、していなかったのか
彼の顔に驚きの表情は無い。


「そうです。それが貴女の望みだと言うなら、そうして差し上げます」


一瞬、悲しげな顔が視界の端に映った。
私は瞳を閉じ、手を握る。

「私を解き放って―」

頭の中に巡るのは何も無い。
ただ終わる虚無感にホッとしている。


「わかりました」
スッと空気の切る音。
遠く煌めく7つの星。
青に広がる赤い花片。

ただ、それだけが最後の記憶。

しおり