user

呂彪 弥欷助

名前:呂彪 弥欷助
読み:ながとら みきすけ

応援して下さると喜びます。

http://mikiske-n.wixsite.com/the-falling-angel

  • 女神回収プログラム ~三回転生したその先に~  外部URLを開く

    呂彪 弥欷助

    現世と過去生が交わる第一部。
    遠い過去を呼び起こす第二部。
    帰還か転落か、来世が繰り広げる第三部。
    そして、その先に──信じること、裏切ること、許しあうことで迎える真の結末。

    これは、堕ちた女神と、禁忌を犯した神の末路を描く長編小説。

    時は、現世より始まる。
    世界に君臨する城の姫と、その姫を護衛する一流剣士。
    婚約者の帰城を待つ姫。
    研究所の君主と、ひょんなことから宿屋の居候になった男。
    おとぎの国かのような城の嫡男と、美形と名高い双子の弟──それぞれは己の正体を知らず、各々の困難と懸命に立ち向かう。昔々に背負った因果を抱えながら。

    あれは、『愛と美の神』と悪魔の子が出会って起こった悲劇。
    大神は神々と精霊体に命を下す。──発動されたのは、『女神』”回収プログラム”。

    自ら堕ちた神は、悪魔の子により地獄の果てへ着々と向かう。
    大神の命を受けた神々と精霊体は、人となり。輪廻転生の輪に組み込まれ、苦しい魂の修業が始まる。使命を遂行し、三回転生後に天界へ帰還せよ。

    人となった神々と精霊体は、一度その生を終える。それらの経緯は『伝説』と『絵本童話』となり、二度目の生を送る時代に残った。
    大神の命を受けた神々と精霊体、自ら堕ちた神、そして悪魔の子は人々に紛れ同じ時代に生きている。
    点と点が繋がり、線となり。渦となって動き出す。
    運命に逆らうのか、受け入れるのか。自ら堕ちた神は、地獄へと落ちてしまうのか。


    女神が誰かと知ったとき、幸せは一度崩れ。そして、女神の『最後』の決断を知ったとき、『幸せ』とはなにかとさまようことだろう。
    最後に女神は微笑む。
    『永い永い願いを叶えることができた』と。

    なにが幸せで、なにを祈り、なにを望むのか。真の『幸せ』を探し求めて、『その先に』。



    大切な人を、大切なものを守りたい──。

    あなたの、大切な『もの』は何ですか。


    ★=イラスト有。他小説サイトでも連載中。
    友情、愛情、愛憎、家族などを通して神々の行く末を描く中世ファンタジーの皮を被ったヒューマンドラマです。
    未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨はしておりません。

    3クル

    カテゴリー内順位701位 / 5,292件

    ジャンル内順位7位 / 273件

    (0)