あなたへのおすすめ

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    人間の欲望はあらゆるものを実現可能にする力を持っている。昔と同じ姿をしていても、それは必ずしも同じではない。科学の発達は人間の寿命まで奪ってしまった。こんな時代だから人間はずっと死ぬまで疲れていなくちゃいけない。

    0クル

    カテゴリー内順位1795位 / 8,658件

    ジャンル内順位919位 / 4,232件

    (1)

  • 清水 幸

    ☆第4回ツギクル小説大賞奨励賞受賞!

     舞台は日本と韓国が武力衝突の危機を迎えた近未来。この国が、そして世界が破滅に向かって突き進んでいた。そんな時代の中でも、落合文は幼なじみの長内梓を愛していた。文と梓は同じ高校に入学したばかりのクラスメイト。でも幼なじみの関係から何の進展もない。空手道場の家で育った梓は試合に出れば勝ちまくることができたが、気が弱く引っ込み思案な性格で現在は空手から距離を置いている。
     そんな梓が突然茶髪になって現れた。母親に暴力も振るったという。戸惑う文。いつものように学校に向かうが、梓はケンカを売ってきた不良の上級生たちを返り討ちにする。梓に好きだと告白され、勢いで自分もそうだったと告白した文。だが梓にセックスしようと誘われ、目の前にいる梓が自分の知っている梓と正反対の人間だと思い知らされ、文は傷つく。文は学校に行くのをやめて家に引き返す。部屋にもう一人の自分が現れ文を襲った。もう一人の自分は文自身の影だった。影は文の体を乗っ取ろうとしていた。今日の梓は彼女の影だったと気づく。なんとか影を撃退し、文は梓に会うために学校へ向かう。
     教師たちに学校から追い出された梓と出くわした文は、自分が愛していた梓が今は影にされていることを知る。文は影を地面から引っ張り出して、元の梓を復活させることに成功した。梓は、影は正反対の自分などではなく、見せたくなくて隠していた本当の自分だという。だから、梓の影が文に告白したのは、今まで自分がしたくてもできなかったことを影がやってくれたにすぎない、ということだった。
     両想いだったことを知り、恋人同士になった文と梓。梓の両親も二人の交際を認めたが、梓の母の歩は「いつか梓を見捨てるなら、今別れてほしい」と文に迫る。そのとき文は、幼いころ自分を暴行して生死の境をさまよわせた犯人が梓だったことに気づく。その事件のあと大人たちは梓を文から引き離そうとした。幼い梓は文から離れたくない一心で自分の体を影に明け渡した。それ以来梓は気の弱い引っ込み思案な女の子に生まれ変わった。長年見てきて好きになった梓の方が偽物で、乱暴者の梓こそが本当の梓だった……。

    0クル

    カテゴリー内順位1795位 / 8,658件

    ジャンル内順位919位 / 4,232件

    (1)

    時代
    未来・近未来
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生
    その他の要素
    戦争・戦記
  • 田中エル

    「ここは?」
    目を覚ますと、乗っていたバスが、森の中で止まっていた。
    そして外を見ると、緑色でブタ鼻の生物が、人間を喰っていたのだ。

    逃げなければ。
    そう思い、バスから逃げようとすると、俺は別のブタ鼻に見つかってしまった。
    俺はそこで死を覚悟したのだが、次の瞬間、空中にいる事に気付く。
    「これ転移したんじゃね?」
    何故か転移スキルを得てしまい、俺はそこから逃走することに成功した。

    そして俺は、ここが異世界だと確信する。
    「……もしかすると、転移スキルで日本へ帰れるかもしれない!」
    俺はすぐさまそれを試してみたが、日本へ帰ることは叶わなかった。

    その後、ゴーレムと戦っていると、転移スキルの妙な使い方に気付く。
    それは、離れた場所から、物体を引寄せる転移、逆に引き離す転移、という転移スキルの派生といえるような使い方だったのだ。

    そして、無機物である小石を引き離すと、転移先にそれが現れた瞬間、爆散して範囲内の物をすべて破壊してしまったのである。

    その妙な転移スキルを使い、なんとかゴーレムを撃退した俺は、ダンジョンコアの分身を名乗るフィギュアと出会い、人が住む城郭都市マイヤーへ案内してもらうことができた。
    俺はそのフィギュアに、ナナイロと名付け、また会おうと約束をし、そこで別れた。

    城郭都市マイヤーでは、とてつもない美人のハーフエルフ、猫の獣人の女の子、犬の獣人のおっさん達と出会い、俺は何故か冒険者になってしまった。
    その後、彼らとの交流を深めていると、その街が何者かによって攻撃をされ、俺はその渦中に巻き込まれていくのであった。

    現在朝の7時に毎日更新中です。

    0クル

    カテゴリー内順位1795位 / 8,658件

    ジャンル内順位919位 / 4,232件

    (1)

  • 経蔵と国416

    サバゲ好き以外どこにでもいるようなサラリーマンの主人公は、
    ある日気づけば見知らぬ森の中にいた。
    その手にはLiSMと呼ばれるip〇d似の端末を持たされていた。
    これはアサルトライフルや戦闘機に戦車や空母、果ては缶コーヒーまで召喚できてしまうチート端末だった。

    森を出た主人公は見る風景、人、町をみて中近世のような異世界に転移させられと悟った。

    そしてこちらの世界に来てから幾日か経った時、
    主人公を転移させた張本人のコンダート王国女王に会い、
    この国がデスニア帝国という強大な隣国に陸・海・空から同時に攻められ敗戦色濃厚ということを知る。

    主人公は、自分が召喚されたのはLiSMで召喚した現代兵器を使ってこの国を救って欲しいからだと知り、
    圧倒的不利なこの状況を現代兵器を駆使して立ち向かっていく!


    そして軍事のみならず、社会インフラ(鉄道、高速道路、電気等々)などを現代と引けを取らない状態まで成長させ、
    超大国となったコンダート王国はデスニア帝国に逆襲を始める


    そしてせっかく異世界来たのでついでにハーレム(軍団)も作っちゃいます笑!

    0クル

    カテゴリー内順位1795位 / 8,658件

    ジャンル内順位919位 / 4,232件

    (1)

  • アロマ

    剣術の道を志した白銀白兎は死んでしまった、理由が思い出せないまま。
    そして、ルフィンというもう一つの世界にあるセントレア大陸の神様に召還され、彼女に手伝いを依頼された。

    「この世界にいるモンスターの親玉を退治して、この世界に平穏をもたらしてほしい」

    と、白兎の完治することのない、腕の怪我を治してくれる事を条件に。

    そのお陰で、ハクトは再び剣を握る事ができ、そして、ルフィンはモンスターに対抗する力を授けた。

    モンスターから生まれる魔石をポイントに、そしてそのポイントとスキルを交換して強くなる不思議な力。
    白兎はスキルとポイントを交換し、この世界で剣士として成長していき、モンスターを倒し続けていく、そんなゲームのような簡単な話、だったのだが──

    0クル

    カテゴリー内順位1795位 / 8,658件

    ジャンル内順位919位 / 4,232件

    (1)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    魔法使い/魔女
    女神/聖人
    戦士
    その他の要素
    剣・魔法
    転生
    チート
    アクション・戦闘
    成長もの
  • アンコロ

    一流大学を受験した帰りにトラックにひかれて死亡し、エルメント辺境伯家の長男に転生してしまったレオン・フォン・エルメント。

    しかも謎の人(?)物に、チートにならないように制約をかけられる。

    「魔法を行使しない!」
    「ポーションが効かない!」

    「はぁ!?」

    こんな現状に頭を抱えるレオンだったが、次第に地球には無かった魔法あり、スキル有りの世界に興味をもっていく。
    これは、頼れる仲間や、尊敬できる師に出会いながら目標を見つけて、時には試練を乗り越えたりしながら仲間たちと成長していく少年(青年)の物語である。


    2日に1回の更新!
    1章完結!
    2章更新中です。

    活動報告も見てネ。

    ※この物語は、小説投稿サイト、カキコにも1章5話目まで掲載されております。
    ※小説家になろうとアルファポリスに投稿中です。

    2クル

    カテゴリー内順位1064位 / 8,658件

    ジャンル内順位566位 / 4,232件

    (1)