あなたへのおすすめ

  • ハリマオ65

    東京の富豪、三橋龍造に嫁いだ三橋佐織は長女、三橋多英と長男、実朝
    を出産。長女は愛想が良く一位好かれた。反面、長男の実朝は人の心を
    見透かした様な顔が大人には反抗的だと評判が悪かった。しかし母の
    佐織は実朝の心は優しく、特に父の評判が悪かく何かあると性根をたたき
    直してやると暴力をふるわれた。成績は抜群で栄光学院中学に合格し寮に
    入った。父は軍人上がりで元気だが性欲も強く何人かのお手伝いさんに手
    を出した。しかし肝心の商売で失敗し家も取られ無一文になり安宿を泊まり
    歩く生活をし非業の死。その後、三橋実朝は大学病院の皮膚科を・・・。
    その後は、是非、本編をご覧下さい。

    0クル

    カテゴリー内順位1267位 / 4,999件

    ジャンル内順位22位 / 384件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    海外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    40代
    50代以上
    その他の要素
    歴史考察
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    職業もの
    ハートウォーミング
    レイティング
    R15
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    骨董屋巡りが好きなカップル。ある日彼女は一体の小振りな日本人形を見つけて、妙に心惹かれる。数日経っても人形のことを忘れられない彼女は、彼の承諾なしについに人形を買ってしまう。人形との生活がはじまって数日後、人形に変化が起き始める……。

    0クル

    カテゴリー内順位1267位 / 4,999件

    ジャンル内順位22位 / 384件

    (0)

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    大きな月が出ていた夏のその日は、竹から産まれた女が月に帰る日だった。ジャックの父親が死んだ日だった。それから何年か経って、ジャックは父親の形見とタケノコを交換してしまう。母親が窓から捨てたタケノコは、次の朝起きると竹になっていた。竹を登ったところに、竹から産まれた女がいた。

    0クル

    カテゴリー内順位1267位 / 4,999件

    ジャンル内順位22位 / 384件

    (0)

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    僕はフローリングの部屋を逃げ回る。それはオリーブオイルがたゆたっている時の光を放つ色に似た欠片だ。でも油断していると、僕はこれに瞬時にして命を奪われかねない。ぼんやりと天井を見上げると欠片が突き刺さっていたあたりにぽっかりとした穴をみつける。まるで妻の耳のピアスの跡のような穴を。

    1クル

    カテゴリー内順位895位 / 4,999件

    ジャンル内順位7位 / 384件

    (0)

  • ハリマオ65

    真田鋭一は、1910年5月16日、埼玉の秩父の山間部の
    貧しい農家で誕生し、幼少期は極貧の生活をして右翼系の大物
    の下働きをして育った。もちろん、尋常小学校しか出て
    いなかったが、ドスのきいた物腰と低い声がっちりした身体で、
    喧嘩しても負けない体力を持ち、威勢も良く、気が強かった。

     その後、右翼の中でも頭角を現してきて、更に智惠者
    で交渉力が巧みなために18歳の時には、その右翼団体の
    三羽がらすと呼ばれ、恐れられていた。その後、右翼の
    代表に言われて、3人が満州に渡り、満州の関東軍
    に取り入って、特殊金属を始め、宝石、ダイヤモンド
    、中国で奪い取った、金、銀、銅、めのう、べっこうなど
    、価値のある物だけを横領して、某新聞社の飛行機に
    乗せて、日本に持ち帰った。

     そして、かさばらな、お宝だけを東京と神奈川の山に
    見つからないように、埋め、それを自分の遺言書に短歌
    を書き残し、自分の子孫だけに、その場所がわかるよう
    にした。1950年に3羽ガラスと言われた連中で、
    ただ1人真田鋭一だけが生き残り他の2人は惨殺された。

    右翼の代表も亡くなり真田が、この団体の代表になり、
    できたばかりの与党にも昔の関東軍時代と同じで賄賂を渡し
    逃げた。しかし1979年に真田鋭一がなくなり葬式の時、
    来ていた足立菊子と田端逸美に真田鋭一の秘密の短歌を
    書いた遺書をそれぞれ1通ずつ、渡した。
    その後・・・。ここからは、本編をご覧下さい。
    なお、この作品は、アルファポリス,
    小説家になろう、カクヨムに重複投稿します。

    0クル

    カテゴリー内順位1267位 / 4,999件

    ジャンル内順位22位 / 384件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    50代以上
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    その他の要素
    ドラマチック
    ヒストリカル
    歴史考察
    ヒューマンドラマ
    推理
    ハッピーエンド
  • ハリマオ65

     川越近隣の廻船問屋の末裔として生まれた、塚田守は
    先祖のお陰で戦後の物資不足の事態でも、食べるものに
    苦労することなく育ち、戦後、神武、岩戸景気で父、
    塚田一郎は財を増やした。息子の塚田守には小さい頃から
    、算数、英語などをたたき込み。特に、ソロバンが得意。

     中学でも主席で都立国立高校から東京大学工学部に合格した。
    しかし大学1年の時に頭に激痛が走り医者の診断で小さな
    脳腫瘍が見つかり、日本で始まったばかりの強度変調放射線
    治療を開始する事になった。もちろん多額の医療費がかかるが
    、父のお陰で、治療を受けられた。治療後、何か意味不明の
    映像のようなものが、頭に浮かび、気になったので、それを
    ノートに書き写して残した。2回、3回目の放射線治療で頭の
    モヤモヤ感が消え、勘が鋭くなり、集中力が蘇った。
    その書き写したものを見て父が驚き株投資に利用し
    大成功した。

     その後、定職に就かず家庭教師のバイトで生活していた
    ある日行きつけの喫茶店で、そこのマスターが交通事故
    で亡くなった時に遭遇して、気が動転した奥さんの手伝い
    をして葬式の手配をした。

     そうしてるうちに仲良くなって喫茶店を手伝い結婚した。
     その後、株投資で財をなし子供達を早稲田大学理工学部
    へ入れ米国を旅行し、しばらくしてポルトガルへ行き、
    好きになりゴールデン・ビザを取り長期滞在できるように
    なり当地でクルーザーヨットを買い現地のアメリカン・
    スクールに子供を入れた。

    その後、再び妙な映像が頭に残り日本の実家に電話を
    入れた。その後の奇妙な出来度と子供達の将来と展開
    していく物語。
     その奇妙な出来事と子供達の将来については小説を
    読んでのお楽しみです。是非、ご覧下さい。
    この小説は、小説家になろう、カクヨムとアルファ
    ポリスに重複掲載しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1267位 / 4,999件

    ジャンル内順位22位 / 384件

    (0)