光にゆく羽音 (外部サイトで読む

MASAMI.K

「誰か、僕のことを知りませんか?」そう言いながら渋谷の街を歩くと、30代くらいの女性が珍しいものを見るような目をしながら通り過ぎた。
机の引き出しに閉じ込めた蠅を愛でることが、僕の心を穏やかにさせた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    誰か
    羽音
    引き出し
    珍しいもの
    渋谷
    女性
    30代

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち