『シャボン玉』(童謡『シャボン玉』) / 伊藤円 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

僕にとって、祖母と過ごした幼少期は、忘れられない幸福な時間だった。よく晴れた日、僕たちは公園に向かった。僕は駆けて、祖母は歩いた。誰もいないベンチを陣取ると祖母を案内し、僕は決まってシャボン玉の準備をした。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シャボン玉
    祖母
    幼少期
    童謡
    ベンチ
    伊藤円
    公園
    僕たち
    準備
    時間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち