理葬境 (外部サイトで読む

炎川裕三

 戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語――
 大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくした結果、民たちは苦しみ死んでいった。一方、王城や城下町で暮らす人々にはきちんとした食料が分け与えられていた。
 飢饉は収まらず、国王は大臣達に何か案を出すように命じる。そして、一人の大臣の案が採用され、数ヶ月、数年後には何とか持ち直すことが出来た――

 この物語の始まりはここから……

 ある日、国王は息子に自分の寿命が短いことを告げる。
 国王が亡くなってから、町や村では「悪夢」という得体の知れないものが噂されるようになった。
 大臣の一人、剛昌は急死する前の国王の異変に気が付き調査を進めていくが……。
 
 これは理弔と呼ばれる村が出来るまでの物語……。
 登場人物たちの過去からこの先に待ち受ける未来までを描いた儚き物語……。

 そして、この物語の本質は登場人物たち全員が主人公となり「死者の為に紡ぐ物語」であるということ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    飢饉
    国王
    争い陣地
    理弔
    城下町
    死者
    異変
    大国
    悪夢
    小国同士
    食料
    理葬境
    犠牲
    剛昌
    納税
    寿命
    大臣
    本質

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2020/06/04 23:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は683aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
漢字表記・ひらがな表記を調整してみると見え方が変わるかもしれません。

別世界を感じる素敵なお話をありがとうございました。
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
流行が変わると評価も変化していきますのでまた読ませてくださいね!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      13文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      16文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      13文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      20.88

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      11.84

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.1492

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6959

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      44.56

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      17.95

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフが多いかな

    • 空行率

      39.02

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      28.46

      標準的だね