タツマゲドン

SFが好きなSFだけしか書かないSF作家

  • 【THE TRANSCEND-MEN】 / ─超越セシ者達─  外部URLを開く

    タツマゲドン

    約138億年前、宇宙が生まれた。
    約38億年前、地球で「生物」が誕生し長い年月を掛けて「進化」し始めた。
    約600万年前、「知識」と「感情」を持つ「人類」が誕生した。
    人類は更にそれらを磨いた。
    だが人類には別の「変化」が起こっていた。

    新素粒子「エネリオン」「インフォーミオン」
    新物質「ユニバーシウム」
    新兵器「トランセンド・マン」
    21世紀、これらの発見は人類史に革命を起こし、科学技術を大いに発展させた。

    「それ」は「見え」ない、「聞こえ」ない、「嗅げ」ない、「味わえ」ない、「触れ」られない。
    しかし確実に「そこ」にある。「感じる」事だって出来る。

    時は「地球暦」0017年、前世紀の「第三次世界大戦」により人類の総人口は10億人にまで激減し、「地球管理組織」なる組織が荒廃した世界の実権を握っていた。
    だがそれに反抗する者達も現れた。
    「管理」か「自由」か、2つに分かれた人類はまたしても戦いを繰り広げていた。

    戦争の最中、1人の少年が居た。
    彼には一切の記憶が無かった。
    彼には人類を超える「力」があった。
    彼には人類にある筈の「感情」が無かった。

    「地球管理組織」も、反抗する者達も、彼を巡って動き出す。
    しかし誰も知らない。
    正体を、目的を、世界を変える力がある事も。

    「超越」せよ――進化の先に何が待っているのか。

    0クル

    カテゴリー内順位1148位 / 4,258件

    ジャンル内順位69位 / 306件

    (0)