部活に入れと言われたので帰宅部を作ったら美少女たちに囲まれる~え、これが修羅場ってやつなの~ (外部サイトで読む

王花


私立の進学校に進学した俺、湯沢和也は悩んでいた。成績が悪いから?学年で一番です。友達がいないから?学年に数人もいます。彼女が出来ないから?何それ、おいしいの?

...そう、部活だ!この学校は文武両道を掲げており必ず部活に入らなければいけないのだ。悩んでいたらひょんなことに帰宅部を作れることに。

そして帰宅部を作り楽しく学校生活を送っていた。最初の一年だけは。
...なに、帰宅部に入りたい?無理です。...なに、家に入れろ?嫌だよ!...勉強を教えて?別にそれくらいなら...なんでみんな来るんだよ!!お前らいったい何がしたいんだよ!?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    帰宅部
    文武両道
    部活
    学年
    湯沢和也
    進学校
    それくらい
    修羅場
    お前らいったい何
    美少女たち
    私立
    数人
    成績
    学校生活
    やつ
    彼女
    勉強
    みんな
    友達
    最初

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち