空に描いた虹の向こうに。 (外部サイトで読む

相沢毬藻*

急速に科学が発展し、文化や伝統が失われ始めた世界に、数少ないアナログの絵を描く画家、河野碧という1人の孤独な青年がいた。

彼は何かに取り憑かれているかのように絵を描いていた。孤独から目を背けるように。

そんな彼にはある力があった。

『描いた物を実体化する能力』

彼はその能力を持つがために、ある組織に狙われる事になる。
彼は自らの身を守るために、魔法具によって異世界、《イデア》へと転生する───

そこに待ち受けていたのは、現実から掛け離れた世界。しかし、いくつもの現実世界との奇妙な繋がりが……?

碧の両親、ある組織、そして世界。
彼はイデアでたくさんの出会いと別れを繰り返し、全ての真実を知る事になる……

「僕の人生は……描き直しなんかじゃない……! 真っ白なキャンバスに描いてきた、新しい人生なんだ!」

空に描いた虹の向こうに、何が見えるのだろうか。






世界観や設定をしっかり作りこんでいるつもりです。その内に設定等のまとめを出します。
この作品には、神話や伝承を参考に作ったキャラ等も存在します。
最後に、分かり切ったことですが、この作品は、フィクションです。現実の個人、団体等は一切関係ありません。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    イデア
    描き直し
    フィクション
    向こう
    キャンバス
    現実
    異世界
    組織
    河野碧
    いくつも
    能力
    設定
    世界観
    伝承
    実体化
    作品
    繋がり
    画家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2019/04/29 13:10:07

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は655aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
テンポが良い作品ですね。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
ファンタジーブレインから見て似ている傾向の作品があるようです!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      10文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      13文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      11文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      17.79

      名詞がちょっと少ないかな

    • 動詞の出現率

      11.58

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.1789

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.5834

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      43.91

      ひらがながちょっと少ないかな

    • 特殊語の出現率

      19.01

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      46.07

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      27.35

      標準的だね