異能者達のパラベラム (外部サイトで読む

智慧 砂猫

その日、彼らの日常は地上から姿を消した。

人間の中から突如発現する〝異能力〟はその数を次第に増やし続け――攻撃的な思想を持つ者達の蜂起を恐れた人々は、無差別に異能者達を彼らを地下深くへと隔離することを決める。

数十年が経った今も当たり前のように異能者の隔離は年齢に区別なく続き、平凡な生活を送っていた青年、槻木 伊織もまた、その流れに取り込まれるように地下へと送られた。

そんなある日の事。

失望から死ぬことも出来ないまま惰性で生き、最底辺の生活にも等しい毎日を送っていた彼のもとに、全身包帯で包まれた血だらけの少女、狭霧 鵺が現れる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ベラム
    異能者達
    槻木
    狭霧
    蜂起
    全身包帯
    彼ら
    伊織
    惰性
    最底辺
    異能力
    等しい毎日
    隔離
    地下深く
    失望
    血だらけ
    思想
    生活
    青年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち