夢見るくらいがちょうどいい (外部サイトで読む

瓜嶋 海

高校一年の海田綾登(うみたあやと)は中学三年の夏に不思議な夢を見る。
その夢は名も知らない少女が自分に託したメッセージだった。
偶然、入学した高校で夢に見た少女、松倉薇々(まつくららら)と出逢う。
そして彼女も一年前に同じような夢を見たことを知り、夢を頼りに二人で二人の間にあった失われた何かを取り戻そうとするのだが………

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    海田綾登
    まつくららら
    松倉薇
    あやと
    少女
    高校
    二人
    頼り
    中学三年
    メッセージ
    彼女
    高校一年
    何か
    自分
    一年前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち