継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

「この世界には魔法がある。しかし、魔法を使うためには何かしらの適性魔法と魔法が使えるだけの魔力が必要だ。」
これを俺は、転生して数ヶ月で知った。
しかし、まだ赤ん坊の俺は適性魔法を知ることは出来ない....
「なら、知ることが出来るまで魔力を鍛えればいいじゃん」と それから毎日、魔力を黙々(赤ん坊なんで)と鍛え続けた。
そして時が経ち、適性魔法が『創造魔法』である事を知る。
俺は、創造魔法と知ると「これは当たりだ」と思い、喜んだ。
しかし、周りの大人は創造魔法と知ると喜ぶどころか悲しんでいた。
「創造魔法は珍しいが、簡単な物も作ることの出来ない無能魔法なんだよ」
これが、悲しむ理由だった。
その後、実際に創造魔法を使ってみるが、本当に何も造ることは出来なかった。
「これは無能魔法と言われても仕方ないか」
 しかし、俺はある創造魔法の秘密を見つけた。
そして、今まで鍛えてきた魔力のおかげで無能魔法が便利魔法に変わっていく....

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

このページは、小説について紹介しています。
小説に関するいろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

もう読んでみた?感想をおしえて!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち