魔女っ子おじさん、日常を往く! (外部サイトで読む

Narrative Works

 事件はある夏の日に起きた。本社での会議を終え、工場へと帰る道中であった。雲行きが怪しくなり、夕立に襲われる。不自然な程黒々とした空から一筋の雷光が落ちた。稲妻の音を聞くよりも先に、焼けるような熱さを感じた。そして――意識は途絶えた。


 目が覚めると、俺は少女になっていた。
 痛く鮮明な桃色と黄色の、金属質な素材で出来た杖を手に握っていた。装飾には星やハートマークを幾つも連ねた彫り込み。先端は八芒星のシンボルと、中心に赤い水晶。水晶を支える土台のようなものは無く、淡い光を放ちながら浮いていた。


 こうして、俺は魔女っ子に生まれ変わった。悪の組織と戦うはずだった。
 しかし、俺には家族も、仕事もある。悪の組織とばかり戦ってはいられない。魔女っ子になってしまったとしても、俺の日常を捨てるつもりはない。
 こうして俺の、魔女っ子としての日常が始まった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔女っ子
    彫り込み
    金属質
    魔女っ子おじさん
    雷光
    組織
    日常
    雲行き
    シンボル
    赤い水晶
    稲妻
    夕立
    ハートマーク
    桃色
    八芒星
    土台
    装飾
    淡い光

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち