竜装戦記 (外部サイトで読む

セント

かつて隆盛を誇った竜族は、神罰によって戦う力を失い、
人や荷を運ぶための劣等種族と成り果てていた――。

想い人との別れをきっかけに、飛竜艇の船頭を引退したアレン。
彼の住むエンデ村に、珍客が訪れる。
エルマ・ハルメトヤ。寡黙な瞳に復讐の炎を燃やす竜族の少女は、アレンに問う。
「竜の羽をなくしたの?」

時を同じくして、招かれざる客が現れる。
バシリウス・ローマン軍曹。
戦時中の王国から派遣されてきた彼はエンデ村の秘密を知り、戦争に加わるよう迫る。

窮地に陥った村を救うべく、エルマはアレンへと手を差し伸べ、
竜装――神に奪われた力を再現する。

二人は手を取り合う。
アレンの想い人、エルマが復讐を誓う仇敵――それらが同一人物であることを、
互いに知らぬままに。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エルマ
    アレン
    竜族
    エルマ・ハルメトヤ
    エンデ村
    バシリウス・ローマン軍曹
    復讐
    劣等種族
    神罰
    仇敵
    飛竜艇
    竜装戦記
    戦時中
    珍客
    船頭
    窮地
    同一人物
    想い人
    それら
    きっかけ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち