「ハイスクール・ギルド〜桜が咲き誇るまでの異世界物語」 (外部サイトで読む

岡本武蔵

西暦2166年、早乙女ヤマトはひょんなことから幼なじみの天草アスカと都立フロンティア学園というところに編入することになった。そこは最古の(幻想の地 エレノガイア)というところにある(摩天楼 リオネス)の破壊を目的として活動していることを知らされる。

架空世界の闇、イマジンウエポンに隠された真実、ヤマトとアスカの過去、Aクラスの仲間と2人の冒険……。

全てが解けそうになりながらも絡み続け、架空世界と6人の全てを巻き込んでいく。それが生と死の間に繋がっていたとしても、一本線のように変わることはなく、終わりまで続いていく。

ヤマトとアスカは自分が進むべき道を選ぶこともできない。なぜなら、彼らの終わりは悲劇の運命と決められているのだから。

ここに学園and正統派ファンタジーが爆誕!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エレノガイア
    Aクラス
    爆誕
    イマジンウエポン
    都立フロンティア学園
    架空世界
    早乙女ヤマト
    学園and正統派ファンタジー
    天草アスカ
    摩天楼
    リオネス
    異世界物語
    幼なじみ
    ハイスクール・ギルド〜桜
    終わり
    最古
    全て
    幻想
    悲劇
    西暦2166年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/09/22 00:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は667aiと判定されました。
ファンタジーの作品傾向にあった内容ですね。
読みやすい作品だと思います。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
これからも色んなジャンルの作品を読ませてくださいね!
長編の作品でどっぷりと浸かることができました。

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      18文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      16文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      24文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      23.78

      名詞がちょっと多いかな

    • 動詞の出現率

      12.04

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.2312

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.7678

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      48.84

      ひらがながちょっと多いかな

    • 特殊語の出現率

      14.51

      記号などがちょっと少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      6:4

      セリフが多いかな

    • 空行率

      44.30

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      68

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      26.41

      標準的だね