暗黒と少年 (外部サイトで読む

みんとす。

突然、不気味な声のする暗闇に引きずり込まれてしまった少年・ザイヴ。そこは、世界―アーバンアングランド―の影、〈暗黒〉と呼ばれる、怪異が棲む空間だった。そこで一体の化け狼の怪異・穏慈と対面し、その空間で唯一存在できる人間、〈暗黒者‐デッド‐〉であることを聞かされ、ザイヴは大きな役割を担うことになる。人や怪異とのかかわりが深まる中で、襲い掛かってくる厄介ごとに立ち向かいながらその力をものにしていく長編ダークファンタジー。

自分の中に、膨大な別の力が眠っていると知ったら。それは、簡単には受け入れがたい、恐れそのものである。しかし、それは間違いのない事実として、徐々に発揮されていく力で、能力は目を醒ます―。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ザイヴ
    長編ダークファンタジー
    アーバンアングランド
    かかわり
    暗黒者‐デッド
    少年
    化け狼
    空間
    厄介ごと
    暗闇
    間違い
    役割
    一体
    唯一
    能力
    事実
    人間
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

小説家になろう→https://ncode.syosetu.com/n3411di/
ツイッター→@mi_n_to_s_z