精霊召喚士と幼女精霊 (外部サイトで読む

アロマサキ

百年前、突如上空に現れた謎の門、そこから次々現れた謎の怪物、侵略者。
人類は成す術なく敗北を喫していた、そんな時一人の少女が現れ世界に反抗する術を教えた。

精霊術、それは人類が唯一身を守る術。

精霊、召喚士の矛となり盾となる存在。

この学校では多くの精霊召喚士を輩出しており、如月 柚木もその一人。

初めて精霊召喚を行った日、柚木は一風変わった精霊を呼び出してしまった。
幼女の姿をした精霊、アグニル。

そしてアグニルを召喚してから、柚木は妙な出来事に巻き込まれていった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アグニル
    精霊召喚士
    柚木
    侵略者
    人類
    幼女精霊
    初めて精霊召喚
    精霊術
    如月
    怪物
    敗北
    一人
    上空
    唯一身
    出来事
    少女
    存在

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち