黄金の天子 ~我が皇帝に捧ぐ七つの残光~

イブスキー

『皇帝として生きる』
少年はそう決意した。
そんな彼の前に立ちはだかる者たちは、彼を政治の道具にしようとする宰相、庶子の生まれを嫌悪する貴族、エルフ純血主義を貫くテロ集団――

のちの伝説で「黄金の獅子」「金の天子」と呼ばれた皇帝は乙女の如く秀麗で、賢者の如く聡明で、獅子の如く勇猛であったとされる。その傍らには銀大狼とよばれし、魂を魔物との融合を果たした魔身の男がいた。
けれど歴史家は、彼が無鉄砲で方向音痴、口の悪い等身大の少年だったことを知らない。

歴史の真実を刮目せよ!

※15Rハイファンタジー(小説家なろう掲載)
※第五回ネット小説大賞一次通過作品(前作第3回一次通過)
※シリーズ「金の獅子 銀の狼」最新作
※同シリーズ「ユーリィ君の受難」(完結投稿済)
※イラスト集→http://ncode.syosetu.com/n6157ds/
※なおこの作品から読み始められます

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

http://ncode.syosetu.com/s2542b/

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/05/15 14:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は619aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
テンポが良い作品ですね。

読み手がスムーズに読み進められるよう意識して書かれていますね。
あとは分析結果の「文章の構造」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
長編の作品でどっぷりと浸かることができました。

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      15文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      18文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      19.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      50.00

      ひらがながちょっと多いかな

    • 特殊語の出現率

      15.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      30.00

      ちょうどいいね

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      68

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      26.00

      標準的だね