バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

雨降る街の枯れた涙-②-

 サキの目の前で、建造物の屋上から四つん這いの群れが、ロックと名乗る紅い青年に銀色の弾雨と化し、降り注ぐ。

 四つん這いは、青年の頭部に向け、双爪と剣の頭部を突き出した。

 クァトロ。

 名前は文字通り、 () () ()から取られたウィッカー・マンである。

脊椎動物の四肢動物を模し、猛獣類が持つような爪と頭部の牙で、獲物を食い散らかす。

 四足歩行の捕食動物特有の敏捷性で見るものを惑わせ、四肢から放たれる加速度と自らの重みを活かした突進も侮れない。

 だが、紅い外套の少年が、銀色の頭部の鏃に貫かれることは愚か、爪で裂かれることもなかった。

更に言うと、群れの高所からの落下で生じる位置力量の衝撃で、彼の赤い外套よりも鮮やかな“紅い肉片”が散らすという悲観も杞憂に終わる。

 ウィッカー・マンとは発生源の違う路上の 土瀝青 (アスファルト )を抉る衝撃が、サキと地表を正面から大きく揺らした。

 遅れて、破壊の音が雨音と雨粒も震わせる。

 衝撃と爆音の中心地では、ロックの涙の形をした赤黒い護拳が、疑似四肢動物のクァトロの左側頭窓と左下顎の接合面を砕いた。

 同じ速さで跳んだロックの拳に秘められた力によって生まれた衝撃波が、急降下を仕掛けた四つん這いの群れを円周上に散らばせた。

 だが、クァトロは頭部を壊されても、四肢の動きを止めず、ロックの左肩越しに右前脚の爪を放つ。

右前脚の爪は、四つん這いの首を寸前で繋げている下顎の前で静止。

右前脚を前に出したまま、空中で首と上体を左右に振るクァトロが、サキの眼に映る。

 クァトロの奇行の原因。

それは、右前脚の関節を、ロックの左手が掴んでいたからだ。

 ロックは左手を離すと、空中にいたクァトロは左前足から落ちていく。

 頭部の潰れた四つん這いが、 土瀝青 (アスファルト )に溜まる水を啜る前に、護拳から延びた翼の様な剣が左肺を貫いた。

左肺から入った切れ目から青白い光が漏れ、クァトロの四肢を土瀝青の路地に散らせる。

 切り刻まれたクァトロの尾部が路地に落ちる前に、地上に降り立った銀灰色の一頭がロックに飛び掛かった。

だが、飛び掛かったクァトロの左前脚が無くなり、三本足のまま宙を舞う固定。

 左前脚の爪の進路を阻んだのは、涙型の赤黒色の護拳とそこから延びる翼の剣。

ロックは、剣影に隠れながら、右腕と左腕を交差させて壁を作る。

 両腕の防壁を解きつつ、獰猛な笑みを浮かべるロック。

 路上で散らばったクァトロから血の代わりに舞った“青い光飛沫”が、彼の紅い外套も包んだ。

彼は、光飛沫の中から、左手で右前脚首を捕まえ、四つん這いを精いっぱい自分に引き付けた。素早く右手の翼剣で、伸びきった右関節を斬る。

後足を二本残し、体勢が前のめりとなったクァトロの弧の腹に、紅の斬閃が右から疾走った。

 二つに割れたクァトロの残骸から血の代わりに出た青い光が、ロックの視界を覆う。

 サキは、思わず立ち上がりざまに、電子励起銃を構えた。

構えた銃口の先が、ロックを捉える。

――私だって、見ているだけじゃない!

 サキは、声を大にしたい言葉を心に秘めながら、引き金を引く。

音もなく、光が銃口からまっすぐ飛び出し、青い光と雨に濡れる空気を振るわせた。

特殊なナノマシンによる加工が施された弾丸が、最大限にまで励起させられた電子の熱出力に運ばれ、ロックの傍を抜けた。

接近戦に持ち込んだロックの隙を狙って、持ち前の敏捷性で彼の背後に回ったクァトロの右肺から、紫電と火花が飛び出た。

 ロックへの不意打ちに失敗したクァトロが放電でよろけながらも、電子励起銃を放ったサキに二等辺三角形の剣型の頭部を向けた。

蛇が鎌首をもたげる様に、地に落ちたクァトロは頭部と体幹を揺らせる。右爪を振りかぶりながら、ねじれた反動で跳躍。“四つん這い”は彼女の頭から、食い散らかさんとした。

「分かっているぜ。感謝はしておく」

 ロックが、サキへ呆れてはいるが、何処か感謝を加えた口調で反応。

揺らめく炎が、逆手に構えた翼剣の刀身を染める。

 サキに、向けて体中をバネにして、加えた弾力で飛びかかったクァトロの背から“捩じれた炎”が躍り出た。

左胸から背中を食い破った炎は、後続のクァドロにも二、三体食らいつく。

 四つん這いを肥やしに、炎の花が雨天の下で、燐と咲いた。

 絢爛というよりは、燐爛とした炎の花畑が、サキの前に出来る。

「しかし、 () ()じゃ倒せない。 () () ()倒せる。死にたくなければ、それを弁えて、とっとと逃げろ!」

 クァトロから噴き出した青い光に覆われるロックに、サキは、

――何、あの態度!?

 不快感を内で爆散。間もなく、自分の無力感がそれを鎮める。

 心の中の燻りが、水溜りを弾く音と共に消えた。

 ロックの目の前に、クァトロの群れが、土瀝青を覆う水を飛ばしながら迫ってくる。

灰色の曇天と死者を照らしていた銀灰色の皮膚は、同じ四つん這いの燃える炎に照らされている。

 それが意味するのは、恐怖か怒りか。

 ウィッカー・マンに感情の有無を考えることに意味があるのか。

 サキはそれを考えたが、止める。

その () () ()が無くなったからだ。

 右手首を左腕で守る様に覆いながら、懐に潜り込むロック。

 一体目のクァトロの咢が、ロックの左の首筋を捉えた。

彼は、四つん這いの首筋と下顎の中心に、左拳槌を振り下ろす。

左手首に守られた右拳の翼の剣を、紅い外套で守られた背筋で支えて、突き上げた。

四つん這いの左半身と左前足が、彼の体幹のバネに乗せた、赤黒い斬撃で両断。

 その残骸を背に、彼は翼剣を左手に持ち替え、一歩下がる。

背後から来た、もう一体のクァトロに向け、ロックの背の残骸諸共、移動の軌跡に乗せた時計回りの斬撃を食らわせた。

右から左への袈裟斬りの渦に、四つん這いを盛大に呑み込む。

ロックの周囲で解体された、クァトロは雨粒を啜りながら、路上を埋める瓦礫と化した。

 サキの目の前で、更に三体のクァトロが、跳躍。

三体の四つん這いは、上体を屈め、跳躍した反動に乗せた爪の一撃を、ロック目掛けて振りかぶる。

炎の街並みを、映す銀鏡肌の四つん這い。

その一体が映したロックの顔の吊り上がった目と口角が炎と共に煌いた様を、サキは見逃さなかった。

 ロックは、土瀝青に溜まる雨水を盛大に被って伏せるクァトロの背中を、右足で突き刺す。紅い外套の戦士は、クァトロの背中を踏みつけた反動で飛んだ。

反動を以て振りかぶる三体のクァトロは、既にロックより高い位置にいる。

 だが、それは四つん這いの優位とはならなかった。
 
 紅い外套を纏ったロックの護拳に、そして微かに煌く赤色の翼が羽ばたく。

剣の周りに雨粒が集まり、蒸気が覆い始めた。

蒸気が冷やされて出来た水滴が、鋸の様に刀身の周りで鳴動。

唸る水滴の鋸が、一体目のクァトロを右前脚から切り込み、刃の先端が左の肺を雨空の下に晒す。
 
 反時計回りに、ロックは翼の剣を振り切った。

剣に貫かれて、大槌と化したクァトロは、渦潮か旋毛風の様に他の二体に激突しながら、巻き込む。

二体目の肺を潰し、三体目はクァトロの大槌に打ち飛ばされた。
 
 ロックは、眼を更に猛禽の爪の様に鋭く吊り上げる。宙で足掻くクァドロの左胸に、彼は、右の鋭い蹴りを撃ち込んだ。
 
 サキは、ロックが履いていた紅い運動靴に目が止まった。
 
 足の甲には、紅い革帯が巻かれ、全体的に赤と黒の対比が映える運動靴。

だが、強風で混凝土材の壁を突き破った木材の様な鋭さで、銀鏡色の胸を深く抉っている。
 
 サキは、ロックと言う青年の獰猛な戦い方に、心を奪われていた。
 
 実力差から生まれた、彼女の心のわだかまりの炎は、雨に濡れた残骸を覆っていた赤と共に、既に消えている。
 
 彼が、サキを不要と言うだけの実力は、神話の英雄の荒々しさを修飾させる価値――いや、その () ()も正しくなかった。

――そもそも、彼の力は……何なの?
 
 ウィッカー・マンを倒せる力を得る自分が、目の前の青年を見て恐怖を覚えている。

自分の望んだ力と、青年の示す力。

サキの中で () () () () () () () () ()が、変わりつつあることに戸惑いを隠せなかった。
 
 空中にいるロックを無視した四体が、心の中で葛藤するサキに迫る。
 
 思えば、当然だった。

ウィッカー・マンは動物を模している。

強いものを無視して、 () () () () () () ()を狙わない理由がない。

「何、目移りしてんだよ!?」

 電子励起銃を構えるサキが、驚かされた。

迫りくる四体のウィッカー・マンが、一発ずつ、頭、肩、脚に胸部と弾ける。

ロックが上空で放った、半自動装填式の拳銃である。

銃撃で、若干脚力を失った四体のクァトロ。

その上空で、彼は赤黒い剣を振りかざし、刀身に紫電を走らせる。  

 刹那、雷鳴が轟いた。

電気力が土瀝青を抉り、硝子を散らせ、轟音が遅れて続いた。

電気エネルギーが球電となり、竜巻に変わる。

四体の四つん這いが、電界の蛇に貪られながら、四肢を爆散させた。

 サキの目の前に、四つん這いの残骸、焦げた土瀝青と舗装が剥がれて、むき出しにされた土の層が広がる。

灰天の空から降り注いだ雨は、そこに立つ紅い外套の青年――ロックの体を伝う。

 彼の涙滴の護拳も、雨化粧を受ける。

 だが、先程のロックから滲み出る獰猛さとは違う () ()が、サキに去来する。

 その正体を、彼女は考えたが、見当もつかない。

 しかし、サキは思考そのものを中断。

 ロックの視線に、彼女は現実に引き戻されたからだ。

 彼女の感情を揺さぶった横顔から一転、彼の目が見開いている。

放たれる眼光の正体に、サキは気づいた。

 青年の眼に映る、自分を覆う、全高三メートルの大猩々――ガンビー。

 サキが振り向いた時に、ガンビーの右の剛腕が振り下ろされようとしていた。

しおり