吉田明暉

(ヨシダミツキ)

初めまして。
面白い作品を書いていこうと前進中です。
これから、よろしくお願いします。

  • 電脳将ウェブライナー~町が侵略者に襲われている件~

    吉田明暉

     侵略者が襲ってきたので、それを撃退しようとする物語です。
     より詳しい内容が知りたい方は、下の長~い文を読んでください。嫌だったら、作品に進んでください。

     私は、小説に対して「笑ったり、ドキドキしたり、読んでいたらいつの間にか夜が明けていた」というのを至高だと思っているんですよね。
     設定やメッセージ性はあくまで裏に潜ませて、どんどん先を読みたくなるような小説が書きたいのです。
     「文字が不思議とスラスラ頭に入ってきて、最後まで退屈しなかった!えっ、もう終わり!?次の巻、早く出してくれよ!」と読者に言ってもらえるような作品が書けたら、それ以上の喜びは無いです。
     
     さて、設定についてはこのくらいで、登場人物とその舞台について語りましょう。
     、基本的に私の作るキャラクターは頭のネジが外れているのが多いです。はっきり言うとサイコパスです。主に全員が。
     ただ、書いていて思ったんですけど、私は彼らが大好きです。サイコパスだけど、好きなんですよね。妙に常識的な部分もありますし。おまけに敵も好きです。やっぱり、主人公と戦う相手は魅力的な方が良いですよね。
     舞台となる町は、「ぱっと見はマトモだけれども、地獄よりひどい魔境」をイメージしました。絶対に引っ越したくないですね。行ったらその日に殺されてもおかしくない修羅の地です。

     まあ、そんなこんなで色々な要素をゴチャゴチャつなぎ合わせてこの物語が出来ました。長いお時間いただきましてありがとうございました。
     ぜひ、最後まで読んでいってください。感想もお待ちしております。

    0クル

    カテゴリー内順位1219位 / 5,009件

    ジャンル内順位20位 / 264件

    (0)