さくら・ぶれっと 〜剣と魔法のファンタジー世界でどちらも使えない町娘の私はガンカタ(拳銃)で戦う。自分の生い立ちを知りたいだけで、英雄だなんて呼ばれたくないってば〜 (外部サイトで読む

くろひつじ

『貴方の運命をお返し致します』

手紙に書かれていたその一文が、全ての始まりだった。
その言葉を始まりとして、一人の少女の物語は動き出す。

◆簡単なあらすじ◆
黒髪ロングの活発な美少女がガンカタ(拳銃を使った格闘)で暴れ回る物語。

◆真面目なあらすじ◆
とある小さな町。孤児たちが暮らす教会で育った少女、オウカ。

救国の英雄と同じ黒髪黒眼という異端として見られてしまう容姿を持ちながらも、オウカはいつも明るく前向きな少女だった。

変わらない平凡な日々を過ごしながら、しかし、その日常に幸せを感じていた。
大好きな教会の子供たちや、親切にしてくれる町のみんな。
そして何より、親代わりのシスター・ナリアと過ごす日々は、彼女にとってかけがえのないものだった。


そんな彼女の十五歳の誕生日に、一つの小包と手紙が届く。

小包には、この世界に存在しないはずの紅白の拳銃と、謎の言語が刻まれた小さな指輪が入っていた。

そして手紙には、不思議な一文。

『貴方の運命をお返し致します』


自身の生まれと手紙に書かれた不思議なメッセージの意味を突き止る為に、馬車で王都に向かう途中、オウカは魔物の群れと遭遇してしまう。

通常であれば複数人で対処するべき敵。冒険者のパーティでも手を焼くような相手。
それを単独で撃破出来た自分に対して、更なる疑問を抱く。


全ての謎を解決する為、手紙の送り主に会うために冒険者ギルドに向かうオウカ。

自分は何者なのか。運命とは何か。
そして、手紙の送り主とは何者なのか。


これは、一人の普通の町娘が。
日常を送り、戦ったり、料理したり、冒険したり、周りの人にお菓子を貰ったりして。

やがて、御伽噺の英雄や国全体を巻き込みながら。

慌ただしい日々を過ごしていく物語。



◆注意事項◆
※基本的に主人公がガンカタ(拳銃を使った格闘)で戦う話です。

※とりあえず0話を読んだら大体の流れが分かるかと思います。

※戦闘3:日常3:料理2:冒険2くらいの割合です。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち