理の悪魔または情の神と新世界の先導者《エバンジェリスト》 (外部サイトで読む

歩夢図

まもなくこの世に訪れる終末。
それは人間が堕落したこの世界をリセットすること。
その後、それこそ人類にとって理想郷である新世界が創世される。
その終末を生き残り、新世界創世の協力者としてふさわしい人間を集める二つの勢力。
一つは人間に情を与えた者。
もう一つは人間に理を与えた者。
情を与えた者を人間達は「神」と呼び、理を与えた者を人間達は「悪魔」と呼んだ。
終末までに人間は、神か悪魔か、どちらかに付くか、選択を迫られる。
その人間の中でも、新世界創世の中心人物となり得る者を先導者として、特殊な能力「奇能」を与た。
現代社会を舞台に、終末を生き残り新世界創世のために神と悪魔が争うファンタジー。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エバンジェリスト
    理想郷
    終末
    争うファンタジー
    この世
    勢力
    奇能
    人類
    悪魔
    先導者
    ふさわしい人間
    舞台
    新世界創世
    能力
    中心人物
    現代社会

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2020/12/11 21:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は512aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
読みやすい作品だと思います。
全体の印象からすると、恋愛の要素も多くみられますので、より意識してみても良いかもしれません。
読み手がスムーズに読み進められるよう意識して書かれていますね。
全体的に見るとひらがな表記を使用する頻度を調整すると違った見え方になるかもしれません。

まるで異世界に旅立ったような気分で楽しませていただきました!
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
流行が変わると評価も変化していきますのでまた読ませてくださいね!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      11文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      10文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      20.55

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      10.71

      動詞がちょっと少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.1901

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6052

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      44.01

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      16.70

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      48.48

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      70

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      32.71

      多くの単語を使っているね